薄毛になる悪い習慣

 

薄毛になる悪い習慣

 

厳しい忍び寄る魔の手に怯えていませんか?

 

薄毛の原因は、ほとんど遺伝だと言われており、両親が禿げている人は高確率でハゲることになります。

 

しかし薄毛を防ぐ薬を処方し、ヒットアンドアウェイ攻撃を続ければ、わずかですが突破口を開くことができるでしょう。

 

この記事では、どんな習慣が薄毛を招く悪い習慣を解き明かしていきましょう。

 

薄毛になる悪い食生活

 

薄毛になる悪い食生活

 

あなたが食べたものが、あなたを作っていると言われている通り、あなたの髪もあなたの食べたものに左右されます。

 

髪はタンパク質でできているので必ずたまごや豆腐などを食事に取り込みつつ、できれば亜鉛、ビタミンB群、 C群の取れるバランスの良い食事を心がけた方がいいでしょう。

 

ハンバーガーや牛丼ばかり食べていると毛根の士気が弱まります。ゲリラ戦に備えてしっかりとした食事を摂るようにしましょう。

 

味噌はハゲ(薄毛対策)に何故いい?

 

 

熱いシャワーを浴びること

 

熱いシャワーを浴びると髪に必要な油分までも洗い流してしまうことになります。

 

またシャンプーのつけすぎや水鉄砲のように水流の強いシャワーを直接頭皮にあてるのは全て逆効果になってしまいます。

 

また水道水には塩素が多分に含まれているので髪に良くありません。

 

髪のことを本当に考えるのであれば、塩素除去するシャワーヘッド取り付けて、水温水流ともにやりすぎないように注意して下さい。

 

 

ストレスは薄毛につながる

 

 

ストレスは薄毛につながる

 

ビットコインの乱高下にモンハンのおつかいクエスト、スマートフォンの通信制限など、我々は様々なストレスにさらされています。

 

悩んだり心配事が多すぎると、血行不良になり、髪の生え際が後退してしまう原因にもなりえます。

 

薄毛を予防したいのであれば、毎日ストレス解消のために有酸素運動を取り入れてリラックスできる時間を作るようにしましょう。

 

 

睡眠不足は薄毛につながる

 

毎日、「今日は絶対に早寝するぞ」と意気込んで結局深夜の2時過ぎに就寝という生活をしている人もいるかもしれませんね。

 

成長ホルモンは22時から午前2時の睡眠時に活発になるので、その時間に寝ることは薄毛に効果的です。

 

ただでさえ毛根が弱まっている時に睡眠時間をおろそかにしてしまうと、毛根がさらに衰弱していくことになります。

 

 

髪をいじる

 

髪をセットする時にアイロンやホットカーラーブロー用のドライヤーを使うと髪を高温の熱にさらしてしまうことになります。

 

髪に熱が加わることで髪の表面のキューティクルや内部のタンパク質が破壊されてしまいます。

 

その他にも薄毛をごまかすためにカラーやパーマなどをすると、髪や頭皮にかなりの負担がかかり、さらなる薄毛を招くことになります。

 

とにかく無駄に髪をいじるな、無駄に触るなの精神です。

 

さてここまで徹底しても薄毛になる人もいるでしょう。ハゲたら人生終了という人もいます。

 

でもそんなことはありません。ハゲてからが始まりなのです。

 

様々なしがらみ、髪をセットするのに使う時間、羞恥心、そのすべてを許容し、さらけ出すのです。髪なんてものは所詮ご飯の上に乗ったふりかけ、とろサーモンの上に乗ったマヨネーズに過ぎません。

 

無駄な邪念(容姿への執着心)が消え、そこではっきりとあなたの本来の価値が見えてきます。ハゲてからが始まりなのです!