薄毛・抜け毛の原因毛髪サイクルの乱れとは

 

 

 

毛髪サイクルとは?

人間の毛髪は、約10万本あると言われていますが、その1本1本にはそれぞれ成長サイクルがあります。その成長サイクルとは?

 

毛髪サイクルとは?

 

髪の毛の成長サイクル

 

髪の毛は成長期から休止期へと活動を繰り返しています。休止期の終わりには新しい毛母細胞が形成されて、再び成長を始めます。

 

成長期(2~7年)

毛母細胞が毛乳頭から栄養をとり、活発に活動して毛髪を成長させます。

 

退行期(2週)

毛母細胞の分裂が止まり、毛根が押し上げられて毛乳頭が離れ始めます。

 

休止期(3か月)

毛乳頭と毛根が離れて毛が抜け落ち、毛乳頭は活動を休止します。

 

 

毛髪サイクルが乱れてしまうと…

髪は成長期に成長します。毛髪サイクルは通常、一定の周期で、成長期、退行期、休止期を繰り返しますが、このサイクルが乱れてしまうと、退行期間や休止期間は変わらず成長期間だけが短くなってしまいます。

 

その結果、毛髪が正常に成長せず、抜け毛の割合のほうが多くなってしまう為、全体として薄毛になります。

 

 

 

育毛剤を使用した場合、髪の毛の成長サイクルを促進する働きがあるので、退行期~休止期に入って抜け落ちる準備にある髪の毛が抜けやすくなる場合があります。

 

そのため、一時的に抜け毛が増えたと感じる場合もございますが、それは次のサイクルに移行するための良いシグナルと言えますのでご安心ください。

 

自然な抜け毛と病的な抜け毛は、どのように見分けるのですか?

髪の毛は普通、1日に60~100本程度は抜けていきます。自然な脱毛では毛根が毛の根元に残っていませんが、病的な抜け毛では毛根ごと抜けている場合があります。

 

シャンプーやブラシでとかすときにいくらか抜けるくらいは心配ありませんが、朝、経きると枕にべったり毛がついていたり、髪に指を通したときバサッと抜けるようなら早めに皮膚科を受診して原因を調べてもらいましょう。